Diary Diary Diary

まあそういうことだから。

Audio Interfaceをポチった。

オーディオインターフェイスを買った。

 

完全なる衝動買いである。サークルの先輩のギターヤクザみたいな人がお勧めしていたやつをたまたまネットで調べてみたら、2万ちょいでそんなに高くなかったのと、レビューがものすごく高かったのと、何より2ヶ月待ちなのがそそった。別サイトに行ったら同じ値段で即買いできたので、今しかないと思ってポチってしまった。

 

自分でもビックリするほどの近年まれに見る衝動買いだった。

 

なぜって、わたしがオーディオインターフェイスを買っても特に何に使うでもないからである。

 

それなりに使うもので高いものを買ってしまうとか、ぬいぐるみみたいな特に道具として使うものではないが見た目だけで価値判断して買ってしまうとか、そういう次元の衝動買いではなくて、使わないのに特殊な用途のものを買ってしまったのである。使わないというのは言い過ぎだが。実際わたしもエレキギターを持っているので、それを繋げばパソコンにギターの音をライン録りできる。しかしわたしにはそんなに高いギターの技術があるわけでもないし、曲を作る才能もない。曲を作るしメインでギターを弾くからよく使う、みたいな人が本来買うべきものを買ってしまったのである。無駄にいいやつを。わたしがこれを使う用途は遊びの域を出ない。教習車でスープラに乗ってるみたいなもんだ。

 

ま、それが逆に面白いんじゃないかってことで買ったみたいなとこがあるのだが。

 

実際に使ってみた。きれいな音でギターが録音できて楽しい。レイテンシもほとんどないし熱くなったりもしない。何より複雑な設定がいらないのがありがたい。シールドのせいでノイズがジリジリ入って気にかかるが、まあもうそこはキリがないので気にしないようにするしかない。こだわりだすといくら金があっても足りない。所詮「遊び」だから。最低限楽しく心が浮き立てばいいじゃない、と自分に言い聞かせる。

 

同じバンドのギタボのTがこれを試したいと言って家にやってきた。Tの方がわたしのよりもいいギターとシールド、演奏技術を持っているので、彼が試して良いのであればそれは本当に良いということなのだろうと思い、もし彼の古いAIと同じくらいだったらどうしよう、といったいささかの緊張もあったが、貸してやってみてもらった。結果、Tもすごくいい音だと評してくれたし、実際に彼のAIの音と比較してみたがやはりクリアないい音が拾えるようになっていた。気に入ってくれたのでバンドの共有財としてこれからちゃんと使っていくことができるようになった。これで買った甲斐も増すというものだ。なんか一気に楽しくなってきた。

 

結論:音楽は楽しい。これのみ。そのための投資なので2万の衝動買いは大正解 !

冗談抜きで本当にそう思っているのでわたしは幸せだと思う。